キックウェイ

キックウェイ(Kickway)は、VR用にハシラスが開発したモーションライドデバイスです。VRコンテンツの没入感、臨場感を高め、かつVR酔いを低減するというモーションライドの利点を非常にコンパクトなハードウェアに凝縮しています。

キックウェイ

プロダクトの特長

乗降のしやすさ、安全性に優れた超小型のVRモーションライド

キックウェイ

施設型のVRアトラクションにおいては、臨場感を高め、かつVR酔いを低減するために、VR内の動きと現実世界の動きをリンクさせるモーションライドが多く用いられていますが、その多くは非常に大型・大規模なものです。

キックウェイは、一人乗りかつ立位にて利用するモーションライドとなっており、従来型のライドに比べ圧倒的に高いスペース効率を実現しています。

乗り降りは「ハンドルに手をかけ、両足を乗せるだけ」なので、VRゴーグルを装着したままでも、介添えの必要もなく難なく乗り降り可能です。歩き回る延長で乗ることでVR空間でのライドの実在感が高くなるというメリットもあります。

前後加速度、左右旋回加速度を発生させVRにおける走行での酔いを低減

キックウェイが提示するモーションは、前後加速度および左右旋回加速度となります。

前後加速度を生じさせることで、VRでのライドの発進時・停止時に発生しやすい酔いを低減します。旋回加速度は同様に、旋回し始め、し終わりに発生しやすい酔いを低減します。鋭角なカーブを曲がる体感も再現可能なため、建物内を走る内覧・案内コンテンツにも適しています。

また、底面に備え付けられた振動ユニットにより、継続的な走行感や飛行感を提示します。

キックウェイ キックウェイ

活用例

キックウェイは、VRゴーグルをかぶったままでも乗降できるという性質から、フリーロームVR内でのライドデバイスに最適です。

また、比較的狭い空間で展開するVRアトラクションに、キックウェイを用いて広大な空間を走り回るコンテンツを加えることで、現実のスペースをはるかに上回る広大な空間を演出できます。

GearVRやOculus Goなど3DoF対応のモバイルVRヘッドセットと組み合わせて既存の360度動画コンテンツをキックウェイ対応することも可能です。

広大なVR空間をライドデバイスで縦横無尽に動き回るタイプのコンテンツと相性が良く、観光地を散策するVRコンテンツや、不動産内見向けのVRなどにもお勧めいたします。

キックウェイを用いたコンテンツ例

立ち乗り型VRジェットコースター「Urban Kickway」

立ち乗り型VRジェットコースター「Urban Kickway」

白川郷、白神山地、熊野古道、姫路城の4つの世界遺産を巡る観光コンテンツ「四季の世界遺産ドライブ」

白川郷、白神山地、熊野古道、姫路城の4つの世界遺産を巡る観光コンテンツ「四季の世界遺産ドライブ」

展開実績

メディア掲載情報

製品標準仕様

製品寸法
W700 x D770 x H1070 mm

お問い合わせ