不動産モデルルームのVR内見なら

自分で歩ける・多人数同時に体験できる
これまでにない高臨場感のVRモデルルームソリューション
「キネトスケイプ」

これまでの不動産VRでこんな不満はありませんか?

株式会社ハシラスの「キネトスケイプ」なら上記の不満を解消できます。

キネトスケイプの6つの特長

キネトスケイプは、ひとつのVR空間に多人数が同時参加し、商談やプレゼンを行えるビジネスVRツールです。様々な用途にご利用いただけますが、とりわけ不動産分野では、キネトスケイプ内にVRモデルルームを構築することで、これまでにない臨場感あふれる営業・商談が可能となります。

360度カメラで撮影した映像を用いる既存の不動産VRとは大きく異なる、下記のような特長を持っています。

1

複数名で同時に体験できる

既存の不動産VRと異なり、複数名が同じVRモデルルームに同時に入る体験が可能です。カップルや家族で同じモデルルームを一緒に探索することができます。

複数名のイメージ
2

VR内で顧客を案内できる

複数名で体験できるので、営業担当も一緒にVRに入り、顧客を案内できます。戸を開いたり、キッチン収納を開けたりといった機能も追加可能です。

顧客案内のイメージ
3

現実にないモデルルームも作れる

360度カメラでモデルルームをVR化する場合、すでに存在するモデルルームしかVR化できませんが、キネトスケイプでは図面等からCGを作成するため、建築予定の物件のVRモデルルームを制作できます。

現実にないもののイメージ
4

自由に歩き回れる

キネトスケイプは、360度カメラで撮影したVRとは違い、部屋の中を歩き回ることができます。

自由に歩き回るイメージ
5

室内・インテリアを原寸で体験

360度カメラは視点の高さが固定されてしまいますが、キネトスケイプはVR内での視点が現実と同じ高さになるので、間取りや家具のサイズ、キッチンの高さなどを現実同様に感じられます

原寸体験のイメージ
6

リモート(遠隔)での参加も可能

遠隔での顧客との商談・設計の打ち合わせが可能になります
※制限もありますので、詳細はお問い合わせください

自宅リモートのイメージ

活用事例

凸版印刷株式会社 ロゴ
凸版印刷株式会社様「PLAZA21 大阪」

Webサイト
凸版印刷・中之島オフィスショールーム「PLAZA21 大阪」の一部をVR化。
VR内でプレゼンや商談が行うことができます。巨大スクリーンに「変形」するモニターや、住宅ショールームにワープしての体験など、キネトスケイプのポテンシャルをご体験いただけます。

凸版印刷株式会社 使用事例画像 凸版印刷株式会社 使用事例画像 VR化
➡︎
VR化
凸版印刷株式会社 使用事例画像 凸版印刷株式会社 使用事例画像

既存の不動産VR(360度撮影)とキネトスケイプの比較

不動産業界でよく使われている、360度カメラ撮影によるVR内見ソリューションとキネトスケイプのVRモデルルームソリューションの違いを解説します。

✔︎
キネトスケイプはVRモデルルームの中を歩き回ることができる

従来の不動産VR


決まった地点から
部屋の中を見渡す

キネトスケイプ


部屋の中を
歩き回ることが可能

360度写真は、空間内の特定のポイントで撮影した「静止画」なので、体験者の位置は撮影ポイントで固定され、周囲の風景を見渡せるだけです。

キネトスケイプのVRモデルルームは、3D CGで構築されたバーチャル空間なので、部屋の中を自分の足で歩き回ることができます。また、既存の不動産VRのように360度カメラで撮影した映像を用いることもできます。3D CGの部屋を自由に歩き回ったあと、360度写真でより現実に近い雰囲気を確認する、という使い方もできます。

✔︎
キネトスケイプは、体験者の視点の高さが反映される

従来の不動産VR


視点の高さは
誰が見ても同じ

キネトスケイプ


視点の高さは
体験者の身長を反映

上で解説した通り、360度カメラの撮影映像は空間内のある位置から撮影されたものなので、視点の位置は体験する人の身長に関わらず常に一定です。低い位置で撮影された映像を背の高い人が見たり、あるいは高い位置で撮影された映像を座りながら見たりすると、非常に違和感が大きくなります

キネトスケイプは、VR内での視点の高さが体験者の身長を反映するため、 実際の部屋の見え方と非常に近くなります。立ったり、座ったりした場合も、それに合わせて視点が変わるので違和感が少なく、シンク下を覗き込む、といった動作も可能です。キッチン上の戸棚に実際に手が届くかどうか、なども現実さながらに確認できます。

✔︎
キネトスケイプは、家具などの操作が可能

従来の不動産VR


ただ見るだけ

キネトスケイプ


扉やクローゼットを
開けたりできる

360度カメラ撮影による不動産VRソリューションは、あくまで現実をそのまま映した映像なので、部屋に対して体験者が干渉することはできません。

キネトスケイプは3D CGを利用しVR空間を構築しているので、体験者の操作が部屋に対して影響を及ぼす仕組みが実現できます。タッチすると収納の扉が開いて中を確認したり、間接照明のスイッチを入れたり、ボタン一つでホームオートメーションが起動したりなど、可能性は無限大です。

✔︎
キネトスケイプは、多人数が同時に体験できる

従来の不動産VR


ひとりだけで体験

キネトスケイプ


営業担当が案内したり、
家族がいっしょに体験

従来のVRモデルルームソリューションは基本的にはひとりだけで体験するため、他の人は、その人がVRでどんな体験をしているかは把握できません。

キネトスケイプでは、同じVRモデルルームに複数人が同時に入ることができ、しかもほかの人の姿がVR内でも可視化されます。家族みんなでわいわい楽しみがなら内覧したり、営業担当がおすすめポイントを紹介しながら案内したりと、VRモデルルームの可能性が広がります。

✔︎
キネトスケイプは、現状存在しない部屋も制作可能

従来の不動産VR


現実に存在しない部屋は
VRにできない

キネトスケイプ


まだ現実にない建築予定の部屋
を制作可能

従来の360度カメラ撮影を用いた不動産VRソリューションは、実際の部屋を撮影することで制作されるため、現実に存在しない部屋はVRにできません

キネトスケイプは3D CGによって制作されるため、図面等があれば建設予定の部屋でもVR化可能です。

よくあるご質問

制作の流れ

会社概要

詳細はこちらよりご確認ください

会社名 株式会社ハシラス (英語表記:Hashilus Co, Ltd.)
事業内容
  • イベントおよび施設向けVRアトラクションの企画・制作・販売・レンタル
  • HTC VIVE、Oculus Rift、Oculus Go/Gear VR、Windows Mixed Reality等のVRヘッドセット用コンテンツ(ソフトウェア)の制作
  • VR用ハードウェア筐体の設計・製作
  • アカデミック向けVR用ハードウェアおよびソフトウェアの開発
  • その他VR/MR開発全般
代表者 代表取締役社長 安藤晃弘
スタッフ数 13名(2021年5月現在)
設立 2015年12月8日
資本金 94,532,889円
関連団体 一般社団法人エンターテインメントXR協会
主要取引先
  • 凸版印刷株式会社
  • 株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント
  • 株式会社ソニー・ミュージックソリューションズ
  • 株式会社ダイナモピクチャーズ
  • 株式会社よみうりランド
  • 株式会社リコー
  • ほか