トーヤラケット

「トーヤラケット」はアミューズメント施設向けのVRコンテンツです。「コントローラーは手に持って使うもの」という常識をくつがえす「コントローラーを実際に投げてモンスターを倒す」体感型のスポーツVRコンテンツとなっています。

プロダクトの特徴

「コントローラーを投げる」というプリミティブな楽しさと爽快感

「トーヤラケット」はVRコントローラーを斧に見立てて投擲し、敵を倒していくスポーツVRコンテンツです。投げたコントローラーの軌道はVR空間上で再現されるので、慣れれば敵に狙って当てていくことが可能です。

用いるコントローラーは4つ。投擲したコントローラーは自動的に手元に戻る機構となっているので、体験者は両手で絶え間なくコントローラーを投げ続けることができます。

実際にコントローラーを投擲する専用筐体

競技性とリプレイ性が高い優れたゲーム性

「トーヤラケット」はプレイするたびにユーザーの技量が向上し、成長曲線に応じた楽しみ方が可能なスポーツ的コンテンツです。エクスプロージョン、ディフィーズ、ホーミングといった特殊斧や、ヘッドショット、ボス討伐の有無などによりスコアが変動。競技性とリプレイ性を高めています。また、協力プレイや対戦プレイの実装も検討中です。

操作自体は単純なため、チュートリアルも最低限で済み、アミューズメント施設におけるオペレーションコストを抑えることができます。

トーヤラケット トーヤラケット

メディア掲載情報

展開実績

製品標準仕様(予定)

オペレーションアテンダント人員数
1名
最大同時体験人数
1名
コンテンツプレイタイム
約2分
転換含めた体験時間
約3分
1時間あたりの体験可能人数
約20名
8時間あたりの体験可能人数
約160名
1カ月あたりの体験可能人数
約4800名

お問い合わせ